YGの日本人練習生アサヒのプロフィール!本名・出身地・年齢は?

YG宝石箱,日本人練習生,アサヒ,6人組ボーイズグループ,メインボーカル,ユンビン,マシホ,ドヨン,ヨシノリ,ジフン

YGエンターテイメントが開催したサバイバルオーディション番組「YG宝石箱」から、7人組ボーイズグループ「TREASURE」のデビューが決まりました。

その直後に、6人組グループのデビューが決まり、世間を驚かせましたが、6人中3人が日本人から選ばれるという快挙を成し遂げ、大きな注目を浴びています。

そのうちの一人であるアサヒ君は、練習生期間が非常に短く、経験不足が目立っていたにもかかわらず、デビューが決まったのはなぜなのでしょうか?

そのことについて掘り下げながら、アサヒ君のプロフィール・本名・年齢・出身地など詳しくご紹介します!

Sponsored Link

アサヒのプロフィール詳細!本名・出身地・年齢は?

名  前 アサヒ(아사히)

本  名 ハマダ・アサヒ(漢字不明です。わかり次第追記します。)

生年月日 2001年8月20日(17歳)

血 液 型  AB型

出 身 地  大坂府

家族構成 父・母(兄弟は不明です。わかり次第追記します。)

アサヒ君のポジションはメインボーカルです!キレイな顔立ちと甘い歌声でYG宝石箱視聴者から注目されていました。

アサヒ君は、KーPOP好きが高じて、中学生の頃から独学で作曲をするようになり、YGに入社したそうです。

YG宝石箱では早めに脱落したので、ステージでの出番は少なかったのですが、アサヒ君が番組冒頭に登場し、コメントする場面がたびたびありました。

こちらの動画では、お母さんから贈られたというネックレスを見せてくれています!「これがあるから頑張れる」と言っていました♪

韓国の男性は母親をとても大事にするので、アサヒ君のコメントは現地視聴者の共感を大いに得られたのではないでしょうか。

出番は少なくても、チョコチョコ登場することで視聴者の印象に残り、ファンになる人も増えますよね。

今思えばこれは、YGのアサヒ君に対する「特別待遇」だったのかもしれないですね。

Sponsored Link

練習生期間わずか7ヶ月でデビュー!しかし実力はまだまだ!

アサヒ君は、YG宝石箱では、セミファイナル前の1対1のバトルで脱落しました。

それもそのはず、得意の歌はともかく、ダンス・ラップ・その他アイドルとして求められるパフォーマンスの全てにおいて経験不足なことが明らかだったからです。

アサヒ君のダンスはこちらの動画で観ることができます!一番右端がアサヒ君です。

下手ではないのですが、マシホ君やハルト君など、他の上手い練習生に比べたらまだまだだと感じます。

練習生期間はたったの7ヶ月!

アサヒ君のダンス・ラップ・愛嬌など、アイドルとして求められるパフォーマンススキルがまだまだなのはなぜなのでしょうか?

それは、アサヒ君の練習生期間が短いからです。

アサヒ君がYGに入社したのが2018年6月で、歌・ダンス・ラップなどのレッスンを受けるようになってまだ7ヶ月程度なので、他の練習生に比べて圧倒的に練習時間が足りないのです。

韓国では、長い練習生期間を過ごした後にデビューするのが当たり前で、それでもデビューできる人はごくわずかです。

なので、練習生期間が1年未満でデビューする人は「天才」と呼ばれます。

韓国では「練習生期間が○ヶ月でデビュー」という触れ込みがずっとついて回るので、アサヒ君のプレッシャーは半端ないでしょうね💦

TREASUREのジェヒョクが手厚いフォロー


アイドルとしての振る舞い全てにおいてまだまだなアサヒ君ですが、そんなアサヒ君のフォローは、TREASUREのジェヒョク君がやってくれています。

ジェヒョク君は世話焼きとして知られていますが、アサヒ君のことをすごく気に入っていて、いつもそばで色んなことを教えてくれています。

アサヒ君のデビューが決まったときは、自分のことのように喜んでくれていました。

ジップロックに化粧品!

韓国の男性アイドルは、メイクをガッツリやってるイメージがありますが、アサヒ君はどんなことをしているのでしょうか?

YG宝石箱で、保湿やメイクについて少しだけ教えてくれていました!唇の保湿のために、メンソレータムは欠かせないのだとか。

…しかし、化粧品をジップロックにまとめて入れていました💧

このときのアサヒ君は、まだYGに入ったばかりだったので、今はこんなことをしていないかもしれませんが、それにしてもジップロックはあんまりですよね💦

Sponsored Link

アイドルよりもプロデューサー志向!アサヒの野心とは?

アサヒ君は、デビューが決まったときに「僕が直接作詞・作曲をして、その音楽で多くの人に感動を与えるアーティストになりたい」とコメントしています。

アサヒ君のコメントを見ると、目指しているのはプロデューサーで、アイドルデビューはあくまでも過程なのかな、と感じました。

だとすると、上記の「化粧品をジップロック全突っ込み」も納得(?)ですよね。

常に作詞・作曲用の紙と韓国語勉強ノートを持ち歩く努力家

アサヒ君は、メイクについて話しているときと違い、作詞・作曲や韓国語の話をするときはキリッとした顔つきで熱心に話すんですよね!

アサヒ君いわく、いつでも作詞・作曲できるように、そしていつでも韓国語の勉強ができるように、紙束やノートを持ち歩いているのだそうです。

こちらはアサヒ君が韓国語でコメントしている動画ですが、渡韓して数ヶ月でこれだけ話せてすごいですよね!

プロデューサー志望だからデビューできた?

YGは元々、アイドル活動にとどまらず、作詞・作曲に意欲的に取り組む人材を高く評価することで知られています。

そしてちょうど、日本人練習生を積極的にデビューさせるタイミングでもあるので、練習生期間が短くても、YGが求める人材にピッタリ当てはまるアサヒ君がデビューできたのではないかなと感じます。

6人組グループには、アサヒ君の他にヨシノリ君という日本人メンバーもいて、ヨシノリ君もアサヒ君と同じくプロデューサー志望です。

なので、2人で協力し合ってグループのプロデュースをやってくれるのではないでしょうか。

その日が楽しみですね!

Sponsored Link

まとめ

6人組グループメンバーにメインボーカルとして選ばれたアサヒ君についてプロフィールをご紹介しました!

アサヒ君については、今後も記事にしたいと思います。

Sponsored Link