ウエンツ瑛士の留学の理由は?ロンドンのどこで何を勉強するの?

ウエンツ瑛士,留学

ウエンツ瑛士さんが、ロンドンに留学する為に芸能活動を休止すると報道されました。

ウエンツ瑛士さんは、売れっ子ハーフタレントとして活躍しているのに、留学とはどんな心境の変化があったのでしょうか?

ウエンツ瑛士さんは、何が目的でロンドンに行くのでしょうか?

気になったので、色々調べてみました。

Sponsored Link

ウエンツ瑛士は英語は話せるの?

ウエンツ瑛士さんはハーフタレントで、日本人の血を引いているとは全く思えない外見ですが、英語は話せるのでしょうか?

ウエンツ瑛士さんの経歴から見てみましょう。

名  前 ウエンツ瑛士(ウエンツえいじ)

生年月日 1985年10月8日

出 身 地  東京都

活動期間 1989年〜

ウエンツ瑛士さんの父親はドイツ系アメリカ人、母親は日本人です。

ウエンツ瑛士は学業優秀だった

ウエンツ瑛士さんは、子役時代から大変な人気者で、仕事が忙しかったにも関わらず、学校の成績は良く、日大櫻丘高校には学業推薦で入学しており、高校一年生のときには、塾講師のバイトをしていました。

ウエンツ瑛士さんは勉強には大変力を入れていて、夜中に眠らない為の工夫などしていたとバラエティ番組で話していたことから、非常に真面目で努力家であることが分かりますね。

ウエンツ瑛士は英語の難関資格を取得

ウエンツ瑛士さんは、学校の成績は大変良かったのに英語は苦手で、見た目がまさに白人なのに全く英語がダメなことをバラエティ番組でネタにしていました。

しかし、ウエンツ瑛士さんは、持ち前の努力で英検の一級または準一級を取得したと言われています。

英検準一級は難関大学の入試レベル、一級ともなると、通訳案内士の試験の筆記部門が免除され、TOEIC900点以上を取るよりも圧倒的に難しいレベルなので、相当な難関資格であることが分かります。

ウエンツ瑛士さんは、こんな難しい資格を取るほどですから、もしかしたら「いつかロンドンに行くかも」という思いをずっと抱いていたのかもしれませんね。

Sponsored Link

ウエンツ瑛士の留学の本当の理由って何?

ウエンツ瑛士さんは、子役の頃からずっと人気者で、今もバラエティタレントとして引っ張りだこでありなから、あえて芸能活動を休止してまで一年半もロンドンに留学する本当の理由とは何でしょうか。

詳しく見ていきましょう。

ウエンツ瑛士は大好きな劇団四季の子役として活躍した

ウエンツ瑛士さんは、9歳の時、劇団四季のミュージカル「美女と野獣」のチップ役で子役デビュしました。

劇団四季による「美女と野獣」は当時が初演で、ウエンツ瑛士さんはチップ役第一号でした。

「美女と野獣」は大ヒットし、ミュージカルでは日本初の国内2都市同時ロングランを実現し、半年間も公演したので、ウエンツ瑛士さんにとって、大変思い出深い経験となりました。

ウエンツ瑛士さんは、今も劇団四季が大好きで、公演のほとんどをチェックしています。

ウエンツ瑛士は俳優活動に限界を感じていた

ウエンツ瑛士さんは、16歳の時に役者として無名でありながら大河ドラマに森蘭丸役で出演し、話題になりました。

しかし、ウエンツ瑛士さんは、ハーフ特有の顔立ちのせいで役どころが制限される為、俳優活動には限界を感じていました。

ウエンツ瑛士さんが現在、バラエティタレントとして活躍しているのは、俳優でやっていくのは難しいことを実感していたからなのでしょうね。

しかし、ウエンツ瑛士さんは、元々努力家なので、売れっ子な自分に慢心せず「このままじゃダメだ」と思っていたようです。

ウエンツ瑛士はミュージカルに本気で挑戦するべく準備していた

ウエンツ瑛士さんは2009年に、故・蜷川幸雄氏演出の「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」に出演して以降、舞台に出演するようになりました。

ウエンツ瑛士さんは、元々芸能界デビューが劇団四季だったこと、劇団四季を退団しても劇団四季の舞台をほぼチェックしているほど、ミュージカルとの縁が深い人です。

そうするうちに、ウエンツ瑛士さんは、3年前から

「いつかミュージカルの本場、ウエストエンドで舞台に立ちたい」と強く思うようになりました。

その為に、ウエンツ瑛士さんは、苦手な英語の難関資格を取得したり、後はお金を貯めたり、安いときにドルやポンドに替えてたと話していたので、本当はもっと前からロンドン留学を考えていたようですね。

Sponsored Link

ウエンツ瑛士が通うミュージカルの学校ってどこ?

ウエンツ瑛士さんは、今回のロンドン留学について「たとえ誰かに迷惑をかけても達成したい夢」だと話しているほど覚悟を決めているそうです。

そんなウエンツ瑛士さんが通うミュージカルの学校とはどこでしょうか?

イギリスはアメリカと並ぶ世界2大ミュージカル国の一つ

イギリスは、アメリカのブロードウェイと並ぶ世界の2大ミュージカル国の一つです。

ウエンツ瑛士さんが「ウエストエンドの舞台に立ちたい」と言っていたように、ロンドンのウェストエンド地域には、多くのミュージカル劇場やミュージカルスクールが集中しています。

ウエンツ瑛士さんいわく、渡英後すぐにスクールに入学するとのことでしたので、

「ロンドンスクールオブミュージカルシアター 1年コース」ではないかと予想します。

ミュージカルスクールで勉強する内容とは?

このスクールでは、授業が朝の9時半から夕方5時半までみっちり行われ、歌の授業では、声を出す基本技術から学べ、個人指導も行われます。

演技の授業では、アメリカ発音の指導も行われるため、イギリスにいながら、イギリス英語とアメリカ英語の両方を学べます。

ダンスの授業は少人数制なので、講師の目が生徒一人ひとりに届き、手厚いフォローを受けられます。かな

このスクールの入学に当たって、英語力の証明は不要ですが、授業についていけるほどの高いレベルの英語力が前提です。

でも、ウエンツ瑛士さんは、英語で仕事が出来るほどの難関資格を持っていますので、その点は大丈夫ではないでしょうか。

Sponsored Link

まとめ

ウエンツ瑛士さんが、ロンドンにミュージカルの勉強の為に留学するべく、めちゃくちゃ本気でいることや、以前から英語の勉強やお金を貯めるなどしっかり準備をしていたことについてご紹介しました。

ウエンツ瑛士さんほどの努力家ならくじけずにやり通せるのではないでしょうか。

ウエンツ瑛士さんについては、今後も追っていきたいと思います!

Sponsored Link