菅義偉官房長官の経歴!影の横浜市長と呼ばれた辣腕と面白エピソードとは?

菅義偉官房長官,令和,新元号,影の横浜市長,秋田県湯沢市,法政大学,ダンボール工場,パンケーキ,スープカレーダイエット

2019年4月1日に、翌5月1日の改元に備えて新元号「令和」が発表されました。

その「令和」を掲げた菅義偉官房長官の経歴が気になって調べてみると、なんと「地盤・看板・カバン」無しで官房長官に上り詰めた異色の経歴の持ち主だったことがわかりました。

そこで、菅義偉官房長官が政治とは無縁の一般家庭に育ち、上京後はダンボール工場で働いていた青年が大物政治家になるまでの経歴や、面白エピソードについて詳しくご紹介したいと思います。

Sponsored Link

菅義偉官房長官の異色の経歴が話題に!プロフィールは?

7年の長きにわたり官房長官を務め、すっかりテレビでおなじみとなった菅義偉官房長官の経歴がユニークですごいと話題になっています。

そもそも自民党議員は、日本史の教科書に出てくる明治の偉人が先祖だったり、有名政治家が親族にいたりと、一般人とは生まれも育ちもかけ離れた方が多いです。

しかし、菅義偉官房長官は、政治とは無縁の家庭に生まれ育ち、叩き上げで官房長官に上り詰めたという苦労人です。

そんな菅義偉官房長官の若いときの苦労話や、ナンバー2に上り詰めても粛々と政務をこなす姿に好感を持ち、共感する声が急増しています。

それでは、菅義偉官房長官のプロフィールです。

菅義偉官房長官のプロフィール

名  前 菅義偉(すがよしひで)

通  称 すがちゃん

出 身 地  秋田県湯沢市

出身高校 秋田県立湯沢高校

出身大学 法政大学法学部政治学科

親  族 父・母・姉2人・弟1人

父親の和三郎さんは終戦後収就農し「秋の宮いちご」のブランド化を実現させた後、秋の宮いちご生産出荷組合組合長・雄勝町議会議員・湯沢市いちご生産集出荷組合組合長などを歴任されました。

こうした父親の生き方が、菅義偉官房長官の生き方に大いに影響を与えたのでしょうね。

菅義偉官房長官は高校卒業後、集団就職で上京し、ダンボール工場に2年勤務して学費を貯め、法政大学法学部政治学科の夜間部に入学、昼間は築地でバイトをしながら大学生活を送り、卒業後はサラリーマンになりました。

26歳のときに政治家として生きていくことを決めますが、政治家の3大必須アイテム「地盤・看板・カバン」を持っていなかったので、母校の法政大学就職課を頼り、法政大学出身の政治家のツテから、小此木彦三郎氏の秘書になり、11年務めました。

※「地盤・看板・カバン」とは…後援組織の充実度・知名度の有無・選挙資金の多寡や集金力を指した表現です。

Sponsored Link

菅義偉官房長官の「影の横浜市長」と呼ばれた辣腕とは?

菅義偉官房長官は1987年から2期、横浜市議会議員を務めましたが、秘書時代に培った人脈や持ち前の実直さが買われ、当時の高秀秀信市長から頻繁に機密事案の相談を受けるなどして「影の横浜市長」と呼ばれました。

機密事案の意思決定を頻繁に相談される」というのは菅義偉官房長官ならではの才能で、現在もこの才能を生かして活躍されていると言っても過言ではありません。

官房長官を務める現在でも、人事に関する判断力や情報収集力に非常にすぐれていると言われており、安倍晋三首相からも相談されたり進言(アドバイス)したりしているそうです。

国を動かす人事や政治判断の采配を政令市レベルで行っていたわけですから、そりゃあ「影の横浜市長」と呼ばれるはずですよね~💦

横浜市民の方々の意見を見る限り、菅義偉官房長官は横浜市民の生活に深く関わっていて、とても好感を持たれていることがわかりますね。

中央政界へ進出、官房長官へ

菅義偉官房長官は1996年に神奈川2区から自民党公認で出馬し、衆議院議員に初当選後は総務副大臣、総務大臣とキャリアを築き上げる過程で、年金記録問題の収束や安倍晋三内閣発足に関わり、2006年9月に初入閣しました。

その後麻生太郎内閣発足時には麻生太郎首相の側近を務めるなどを経て、2012年12月から現在まで、第2次安倍晋三内閣の発足に伴い、内閣官房長官を務めています。

今でも「影の横浜市長」と呼ばれた辣腕ぶりは健在で、局長人事を機に官僚を統制下に置き「歴代官房長官の中でも屈指の情報収集能力」を持っていると言われているそうです。

2016年には内閣官房長官在位期間歴代最長記録を更新しましたし、菅義偉官房長官の安定感と信頼感は抜群ですね!

Sponsored Link

菅義偉官房長官は甘い物とダイエットが大好き?驚きエピソード!

菅義偉官房長官は、時間が惜しいという理由で、昼食はいつも蕎麦を5分でかきこんでいるそうですが、実は大の甘い物好きで、特にパンケーキが大好きなのだそうです。

パンケーキが一番人気のオーストラリア発祥のレストラン「bills」が日本上陸したときには奥様と一緒に並ばれたそうです。

ダイエット・健康管理も大好き!

甘い物好きエピソードが有名な菅義偉官房長官ですが、実はダイエットや健康管理も大好きで、腹筋100回と40分のウォーキングが日課なのだそうです!

自民党が野党だった頃は、朝スープカレーダイエットを4ヶ月間やって14キロも体重を落としたと話題になりました。

元号「令和」発表を15分練習

新元号の発表時、「令和」と書かれた額縁を掲げた菅義偉官房長官の姿が報道されましたが、前日に15分間練習したというエピソードを披露し、可愛いと話題になっていました。

その他・菅義偉官房長官の面白発言

その昔、田中角栄元首相に「先生の地元は道路が広いですねぇ」と言ったとか言わないとか…。

周囲は凍りついたことでしょう💦

「首相官邸に幽霊が出るという噂がある」と話題になったとき、記者に「なんかそういう気配があったかな…」と回答したというエピソードは秀逸です。

菅義偉官房長官は、立場上冗談は言わないようにしているそうなので、きっと真面目に回答されたものと思われますが、なんかジワジワくるエピソードですよね^^

Sponsored Link

まとめ

菅義偉官房長官の異色の経歴やエピソードをご紹介しました。

菅義偉官房長官については今後も記事にしていきたいと思います。

Sponsored Link