塩尻和也選手、ミリシタにハマり過ぎて箱根駅伝出走前にもログインしていたwww

箱根駅伝2019,順大,塩尻和也,ミリシタ,ログイン,サブカルランナー,ソシャゲ,アニメ,ラブライバー

箱根駅伝2019にて2区を走り、区間歴代2位で日本人歴代最高記録更新を果たした順大の塩尻和也選手が、実はミリシタにドハマリしているソシャゲ廃人だと耳にしたので、詳しくご紹介します!

Sponsored Link

順大・塩尻和也選手が日本人歴代最高記録を更新!

順大の塩尻和也選手が、箱根駅伝で2区を1時間6分45秒で快走し、区間歴代2位で日本人歴代最高記録更新を果たしたことで大きな話題になっています!

箱根駅伝2019の大スターですね!今年4年生なので箱根は最後!!と意識して、最高のペースメイクをしてきたのでしょう。

何でも、他大学選手達から「同じ日本人じゃない」「あれは外国人枠」「むしろ人間じゃない」と言われ、実業団の下田選手(青学OB)にすら「マラソンに来てほしくない」と言われるほどの凄い選手なのです。

リオ五輪選考会時には艦これ&ラブライブ!のイベントに参加できず絶望

塩尻和也選手はもともと中学時代がソフトテニス部、高校からは陸上で3000メートル障害をやっており、順大に進学したのも3000メートル障害に打ち込むためだったそうです。

そんな塩尻和也選手の活躍を支えたのは、アニメソーシャルゲームでした。

2016年6月に開催されたリオ五輪代表選考会に出たときは、選考会の日程と艦これ&スクフェス(ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル)のイベント日程がかぶってしまい、絶望していたとか💦

選考会では8分36秒45の記録で2位に入賞しましたが、オリンピック参加標準記録を突破できず代表に漏れてしまい、3000メートル障害に見切りをつけることになりました。

塩尻和也選手は、長距離を始めてまだ2年半にもかかわらず、順大の長距離エースとして多数の大会で実績を残しています。

2018年11月の全日本大学駅伝対抗選手権大会では10人抜きを果たして話題になるなど、長距離選手として異次元の活躍を見せています。

Sponsored Link

箱根駅伝出走2時間前にもミリシタをやっていたことが発覚

そんな凄い塩尻和也選手は、重度のサブカルランナーとして箱根駅伝出場時にはアニメ・ソシャゲ愛好家達からも熱く見守られていました。


塩尻和也選手は趣味としてアニメ・ゲームを挙げており、過去にはラブライブ!やポケモンカード、艦これに熱中しているとインタビューに応えていました。

しかし、オリンピックよりもイベントを気にしたり、箱根駅伝出走直前にもログインを欠かさないなどの行動は、もはや重症と言ってもいいのではないでしょうか。

でも、そこまでハマれるものを持っているって羨ましいですね(^^)

Sponsored Link

塩尻和也選手がドハマリ中のミリシタってどんなゲーム?

ミリシタとは「アイドルマスター・ミリオンライブ!シアターデイズ」というアイドル育成ゲームです。

プレイヤーは芸能事務所のプロデューサーとしてライブ劇場を舞台に全52人のアイドルをプロデュースしていきます。

ちなみに塩尻和也選手は1億円貰えたら「ミリオンライブBD全巻揃えたい」そうですよ。

ちなみにミリシタは、短時間で遊べるシステムが充実しているので、忙しい社会人にも楽しめると好評です。

塩尻和也選手のように、大舞台の出走直前にも遊べるということなのですね(^^)

まとめ

順大のエース・塩尻和也選手が箱根駅伝出走直前にも趣味のソーシャルゲームをやるほどの重症ゲーマーだったことについてご紹介しました。

新たな情報が入り次第、追記したいと思います。